そもそもFXとはどのようなものなのか。

恥ずかしながらFXについて、私の知識はほぼ0です。円をドルに交換しお金を稼ぐ、またはその逆、という漠然としたものでしかありません。それでは怖いのでまずはFXがどのような仕組みなのか、どのように収入を得るのか、FXの定義から確認していこうと思います。

FXについてまとめると、このようなものらしいです↓。

・正式名称は外国為替証拠金取引。
・2つの通貨の取引が基本となる。
・ドルと円だけではなく世界中様々な通貨での取引が存在する。
・通貨の価値(レート)の差によって利益を出す。
・価値(レート)は常に変動している。
・価値(レート)は、過去の動きからこれからどうなるのか予測したり
インジケーター(値段がどう動くのかを予測する判断手助けツールのようなもの。様々な種類があるらしい)
を利用して予測し売り買いの判断をする。


自分なりにまとめてみると
FXとは、世界中様々な通貨をそれぞれ安い時に買い高い時に売ることで
その差額分の利益を得るという手順を繰り返し、収入を増やしていくものであり、
これからその通貨の値段が上がるのか、または下がるのかを過去の動きやインジケーターを利用して判断する。


.....こうして文字にまとめてみると長い文章になるわけでもなく、単純な作業のようにも見えてきますね。
しかし何となく概要だけ理解したつもりのこの状態が一番危険なのはわかっています。
取引の手法(インジケーターの組み合わせや考え方等)をまとめたサイトを見るとそちらは膨大な量がございました。
ぱっと覚えてその日のうちに参戦&勝利というのはできそうにありません。インジケーターを覚えるだけでも私の頭がパンクする恐れがありますので、そちらはまた時間をおいて調べることにします。

とりあえず概要とやり方はわかったつもりになりました。
しかし具体的にどのように初めたらよいのか、何を準備すればよいのかわからないのでそれも調べました。

FXを初めるには何が必要なのか

FXを初めるのに必要なもの、として最初に思いついたのはお金とパソコンですが
それだけで出来るわけがないのは私でもわかります。


まとめると、以下のものが必要になるようです。
・お金(取引の元となる資本金。それほど用意しなくても取引はできるみたいです。)
・パソコンやスマホ(スマホでも取引はできるようですが画面のサイズなどを考慮するとパソコンが良いようです。)
・FX専用の取引口座(いくつかあるFXの業者から選んで口座を作れるようです。)
少し調べただけでも結構な量の業者が出てきますが、その中から取引の際の手数料が少なく少額から始められる業者を選ぶのが良いみたいです。
・本人確認書類、マイナンバー(FX用口座を作る際に必要となり、業者によって必要となる書類が若干違う場合もあるようです。)

これらを準備すればひとまずFXに参戦できるようになるようです。